パチンコは精神を破壊する

こころを破壊する「パチンコ」

前記事の質問、しっかり考えて頂いたでしょうか。
パチンコで失うもう一つの健康とは…

「こころ(精神)の健康」です。

私は冒頭にこう書きました。

あなたは、これまでの経験を通じて、既にパチンコの本質を概ね理解しています。
しかし、完全ではありません。
少しでも理解し損ねている部分があると、パチンコに対して微かな「希望の種」が残ります。
それがふとしたきっかけで芽を出し、足を洗うのを妨げてしまいます。

「読むだけで絶対にやめられる禁パチセラピー」(フォレスト出版)より

少しだけ理解していない部分、甘く認識している部分とは、

「パチンコは、人間の精神を破壊する」ということです。

知らないうちに「ゆでガエル」

やめられないと嘆く多くのパチンコファンは正に「ゆでガエル」状態です。
はじめの内は適温で大丈夫だと思い楽しんでいます。

しかし少しずつ熱くなり、気が付いた時には…
すっかりのぼせあがって、釜から飛び出す力もなくなってしまうのです。

そして「カエル」を茹で揚げる地獄の釜こそ「パチンコホール」なのです。

もちろん、元気なカエルは、温度が上がれば釜から外に飛び出します。
しかし、元気のないカエルは、簡単に茹で揚げられてしますのです。

まとめ

精神をじりじりと破壊する「ゆでカエル」システムこそ、
パチンコの「顧客洗脳プログラム」の真髄です。
パチンコの本質を端的に表す「キーワード」なのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です